未分類

私はスキンケアを行う時、ベタツキがあると肌に不快感を覚えて肌荒れにつながります。

小さいニキビや吹き出物ができるので、化粧水や乳液のテクスチャーや使用感にはこだわり続けていました。

高ければいいと言うわけではないと気がつき、たどり着いたのは、王道のハトムギ化粧水でした。

プチプラで有名ですし大容量なので気兼ねなく使えるのがありがたいですよね。

肌にぐんぐん導入させるには、いくつかのコツがあります。

まず1つ目は、入り込みやすいように肌を柔らかくしておくこと。

お風呂あがりにタオルで顔をふくと、繊維が付着し清潔な状態でスキンケアができません。

なので、水分がついた状態でハンドプッシュしながら水気を無くしていきます。

するとこれだけでも肌が柔らかくもちっとした手触りになるんです。

そのあとハトムギ化粧水を使うのですが、こちらもそのままつけるのではなく、スプレー容器に入れ替え、ミスト状にして顔に振りかける事をお勧めします!ミスト状になったハトムギ化粧水が、柔らかくなった肌にどんどん入っていくのがわかると思います。

長年この方法でスキンケアを行なっていますが、デパコスにも劣らない効果で、いい肌質の状態をキープできていると感じます!ぜひ試してみてください!あわせて読むとおすすめ⇒ラメラエッセンスcの効果と口コミ

スキンケア方法としてまず譲れないことは日々の生活でよく笑い、よく喋り、美味しいものを食べることです。

一見スキンケアとは別物のように思われますが、喋ったり笑ったりすることで顔の筋肉を最大限に動かすのです。

そして、夜9時までにお風呂に入ります。

この時、ほぼ毎日湯船につかり、その日楽しかったことや嬉しかったことを思い出しながら顔のマッサージを行います。

私は、頬を両手で上に持ち上げたり、目の周りを温かい手で包むようにして休ませたり、顎や首を手でさすったりなどを行なっています。

その後お風呂から上がり身体を拭いた後は髪の毛をドライヤーにかける前に、顔に化粧水と乳液を塗ります。

私は敏感肌なので、NOVの敏感肌用を使用しています。

値段としてはお高いですが、その分感想の厳しい冬場でもしっとり肌を保つことができます。

髪の毛を乾かす際には熱風が直接顔に当たらないように注意しながら乾かします。

その後、もう一度顔のマッサージを行い、ジャンクフードなどの夜食は絶対にやめます。

どうしてもなにかが食べたい時はハーブティーを飲むようにしています。

朝起きたら、化粧水と乳液を塗ってからメイクをするようにしています。

メイクもファンデーションはNOVを使用しています。そうすることで肌への負担が最小限に収まります。
続きはこちら⇒sonokoホワイト口コミと効果

私が日頃のスキンケアで一番気を付けていること…それは保湿です。

肌に充分な水分を与えることで、肌のバリア機能が保たれ、乾燥や紫外線から肌を守ってくれるそうです。

ですので朝も夜も化粧水はたっぷりと。その上にクリームをつけます。

保湿力の高い化粧水、口コミサイトでもいろいろと見かけますが、あまり高いものは使いません。

高いものを使うとついケチケチしながら使ってしまうので、それでは高いものを買っても意味がないと思うからです。

もちろん高いものをたっぷりと使えるのが一番いいのかもしれませんが、なかなかそうは行きませんので。

値段は安くても保湿力の高い化粧水を選び、たっぷりと使う、それが大切です。

もちろんその前に、クレンジングと洗顔で充分メイクと昼間の汚れを落とすことも忘れません。

そしてたっぷりの化粧水。

また、そうやってたっぷりの化粧水で保湿しても、気候によってはすぐに肌は乾燥してきます。

そんなときのために、スプレー式の化粧水を手元に置き、ちょっと乾燥してきたなと思ったら、シュッシュッと顔に一拭き。

これはとても気持ちがいい上に、肌の乾燥を防いでくれます。

充分水分を与えている肌は、日焼けしてもシミにならないとも聞いたことがあります。

ですので、安くてもいいから化粧水で日々十分な保湿を。

これが私の心がけているスキンケアです。

おすすめ⇒シミトリーの口コミと効果|30代ママが実際に買って試した体験記

毎日、化粧をしないようにしてます。肌の休息日としてすっぴんの日を最低でも1週間に1度実行するようにしています。メイクをすると毛穴が呼吸をしないと聞いたこと、メイク落としを使用すると乾燥が加速すと感じていたからです。

洗顔は必ず水でします。冬でもお湯は使いません。お湯を使用した時の肌のカサカサ感が乾燥を進めてしまいそうだからです。

また、洗顔料を手に取り水で泡立てるのですがケーキの生クリームを意識して泡立てます。泡のキメが細かくなるまで、ツノがしっかりと立つまでを目安に泡立てます。約5分かかります。泡が出てくる洗顔もありますが泡のキメが粗くツノも立ちません。時間がかかりますが自分で泡立てたものの方が良いです。

洗顔後は、必ずコットンpacをします、化粧水を多めにコットンに含ませコットンを5枚に薄くします。額、両頬、鼻、顎の5箇所にパックをのせしばらく横になっています。あまり長時間やりすぎるとパック自体が乾燥してしまうのでよくはありません。

パック後はそのコットンを首や腕になじませ顔以外の乾燥も防ぐようにしています。

その後乳液を顔全体と首や腕に伸ばします。リンパに沿ってゆっくり丁寧に行います。強くすると肌を痛める恐れがあるからです。おすすめサイト>>>>>http://divasdeste.com

シミ取りクリームとして有名なハイドロキノンクリームを使ってみました。

このクリームを使おうと思ったきっかけが若いころ無茶した日焼けサロンの副作用で頬骨のあたりに恐ろしいほどのシミが出始めたためです。しかも特に右頬。

鼻もそばかすだらけ。頬はそばかすの中におじいちゃんの顔や手にこんなのあったなあ…っていう大きなシミがきれいに並んで3つ。これはいかんとホワイトニング化粧水を飛び越え皮膚科で海外セレブも使っているという美白剤「ハイドロキノン」を処方してもらってきました。

これ結構使い方に制約があって、

・冷蔵庫保管

・ピンポイント部位に塗布

・白色のクリームが黒ずんだら使ってはいけない

・塗った後はUVカットクリーム必須

・色が抜きすぎて白抜きの肌になる可能性も

と、結構ズボラな私には面倒くさかった…。

お医者様が言うには朝より夜がいい。ということで風呂上がりに綿棒にクリームを付けてでっかいシミにチョイチョイ。てか、顔にまんべんなくあるそばかすはどう塗れば?なんか広範囲に塗るのは怖いので、大きなシミ3個に重点を置いて使うことに決めました。そして塗った3時間後くらいに寝る生活。

朝起きてからはハイドロキノンは塗らずUVカット下地を塗ってから化粧。

仕事は室内での事務員なので昼間のUVケアはさほど気にせずいました。

こんな感じで1週間位した頃なんか薄皮剥けてきた。

これってこうやって皮を剥いて剥いて剥いて剥いていずれかはシミをこそぎ取ってなくすって感じなのかな?え?皮剥けるって聞いてないんですけど。日に焼けていないのに日焼けして剥けている感じ。カッサカサで。

化粧じゃ隠れない。皮が浮いている。そして無理にはぎ取るのも怖い…

皮剥けたまま2~3日夜の塗布を続けたけどやっぱり怖すぎてそれ以上続けられなかった(泣)

これ続けていたらきっとシミ消えたんだろうね。でも肌へのダメージとケア間違えたら余計に大きなシミになりそうだったんだよ~。

そういえば先生もおっしゃっていた。これを塗ってシミ取れたらそこ絶対日焼けしないでって。また同じところにシミ出来るよって。むしろ大きくなるよって…。こわ…。

結局その後シミ取りクリームは灰色に黒ずんできたため捨てました。

新しいのを処方してもらおうとは思えませんでした。

でも大きなシミが気になるのは変わらずなのでその1年後にレーザーで取っちゃいました。3万で。3つ。ケアはシミ取りクリームと変わらず取った後の日焼けには厳重注意をするようにとのことでした。

レーザー一回では取れず、2回通って綺麗に取れました。それだけ頑丈なシミ?でした。

でもでも、ずぼらな私はケアをそこまで厳重にしなかったせいか2年で同じところに3つ同じシミが出来ました。お帰りなさい。シミさんたち。。。2年間は大きなシミ消えていたんだけどね…。

シミを取った美容外科に再度行ったら、もう時間経っているしまたやるならお金がかかりますとのことで…。4万ですって言われました。値上がっている…。シミ取りたいけど4万は大きい。また2年で浮き上がってくるかもしれないと悩んだ結果諦めて帰りました。

今もまだ大きなシミ3つが頬に鎮座していますが、近いうち別の美白施術をしてもらおうかなって思っています。

シミ取りについてを一言でいうと、チキンハートでズボラな人には向かない。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>シズカゲルの口コミに騙されないで

30代後半に入る頃ぐらいから、普段の化粧水と乳液のお手入れの他に、もう一つ何か欲しいと感じるようになる人が多いのではないでしょうか。

確かに、すでにアンチエイジング用の、リッチな基礎化粧品を使い始めていても不思議ではない年代です。
そろそろ小じわや、シミなどが気になり始める年代です。

それで、自分に合う基礎化粧品を探して、まさに基礎化粧品ジプシーになってる人もいるのではないでしょうか。
そのような人におすすめなのが、美白美容液です。

このちふれの美白シリーズには2種類あります。
ボトルが青いものとボトルが赤いものです。

ボトルが青いものは美白美容液VCで、美白有効成分として、「安定型ビタミンC誘導体」と肌荒れ防止成分「グリチルリチン酸ジカリウム」が入っています。

ボトルが赤いものは美白成分の「アルブチン」とやはり美白成分の「安定型ビタミンC誘導体」入っています。

この美容液は両方とも30ml入りで、お値段は、赤いボトルの方ちょっと高くなっています。

赤いボトルの美白美容液Wは税込み1188円です。
青いボトルの美白美容液VCは税込864円で売られています。

私が気に入って使っているものは、今のところ青いボトルの美白美容液VCです。

美容液というのはだいたい小さなボトルに入っていますが、この美白美容液も小さいのですが、持ちがいいです。
と言いますのも、かなり伸びるのです。

ですからコスパは最高です。
もう少し年齢が上がったら、赤いボトルの方を使ってみかもしれません。

シミトリーの口コミをチェックするのも良いかもしれません。敏感肌の人にとっては使いやすいジェルと言えるでしょう。

ファッションの流行について気になります。長く生きているといろんなファッションを経験しますが、その移り変わりがおもしろいと思います。

バブルの頃のファッションがすごく思い出に残っていて、今も当時着ていた服がクローゼットにあります。バブルの頃のファッションって肩パットが大きくてしっかりしていました。

当時はかちっとしたジャケットと超ミニスカートの組み合わせが好きでそういう格好ばかりしていて・・・。今思うとすごく派手な格好で恥ずかしいのですが、当時はそういう格好が当たり前。何も恥ずかしくなく当たり前だと思っていました。

バブルファッションが消えてからはどんどん値段の安いファッションに変化してますよね。ファストファッションと言われているようですが安くてシンプルな服が人気のようです。

バブルファッションは人とかぶらないように1点物が多かったですし、とにかく派手で目立てばいいという感じでしたから今とは真逆。

最近の若い女性はみんな同じようなファッションをしていて個性が感じられないな・・・と少し残念に感じます。

それが今のファッションであり流行というならそれもありですが、またバブルファッションが流行るといいなと思います。

今すごく興味があることは白髪染めクリームです。自宅でラクラク白髪染めができる白髪染めクリームが気になります。

わざわざ美容院で白髪を染めるのは時間がもったいないと思うようになって・・・。時間はもちろん、お金も美容院へ行けばそれなりに出ていきますよね。

時間とお金のことを考えると白髪染めは美容院じゃなくて自宅でやりたいと思うようになり、最近は娘に手伝ってもらっています。

高校生の娘でもムラなく白髪染めできるようなブラシタイプの白髪染めは最高。市販の白髪染めクリームにはいろんな種類がありますよ。

容器が持ちやすくて口の部分がブラシのようになっている物がこれまで使った中で1番使いやすく、娘も喜んで白髪染めを手伝ってくれます。

いくら成分が良い物でも容器が使いにくいタイプだと縁がなくなります。成分がそこそこでも白髪がよく染まって容器が使いやすい物が好き。

そして値段が安ければ言うことありませんね。美容院で1回白髪を染めてもらうと3000円程度かかってしまうけど、娘に白髪染めしてもらえば1000円以内に収まります。

こういうことって塵も積もれば山となるから絶対バカにできないですね。白髪が増えても怖くないですよ。