2018年11月

私はスキンケアを行う時、ベタツキがあると肌に不快感を覚えて肌荒れにつながります。

小さいニキビや吹き出物ができるので、化粧水や乳液のテクスチャーや使用感にはこだわり続けていました。

高ければいいと言うわけではないと気がつき、たどり着いたのは、王道のハトムギ化粧水でした。

プチプラで有名ですし大容量なので気兼ねなく使えるのがありがたいですよね。

肌にぐんぐん導入させるには、いくつかのコツがあります。

まず1つ目は、入り込みやすいように肌を柔らかくしておくこと。

お風呂あがりにタオルで顔をふくと、繊維が付着し清潔な状態でスキンケアができません。

なので、水分がついた状態でハンドプッシュしながら水気を無くしていきます。

するとこれだけでも肌が柔らかくもちっとした手触りになるんです。

そのあとハトムギ化粧水を使うのですが、こちらもそのままつけるのではなく、スプレー容器に入れ替え、ミスト状にして顔に振りかける事をお勧めします!ミスト状になったハトムギ化粧水が、柔らかくなった肌にどんどん入っていくのがわかると思います。

長年この方法でスキンケアを行なっていますが、デパコスにも劣らない効果で、いい肌質の状態をキープできていると感じます!ぜひ試してみてください!あわせて読むとおすすめ⇒ラメラエッセンスcの効果と口コミ

スキンケア方法としてまず譲れないことは日々の生活でよく笑い、よく喋り、美味しいものを食べることです。

一見スキンケアとは別物のように思われますが、喋ったり笑ったりすることで顔の筋肉を最大限に動かすのです。

そして、夜9時までにお風呂に入ります。

この時、ほぼ毎日湯船につかり、その日楽しかったことや嬉しかったことを思い出しながら顔のマッサージを行います。

私は、頬を両手で上に持ち上げたり、目の周りを温かい手で包むようにして休ませたり、顎や首を手でさすったりなどを行なっています。

その後お風呂から上がり身体を拭いた後は髪の毛をドライヤーにかける前に、顔に化粧水と乳液を塗ります。

私は敏感肌なので、NOVの敏感肌用を使用しています。

値段としてはお高いですが、その分感想の厳しい冬場でもしっとり肌を保つことができます。

髪の毛を乾かす際には熱風が直接顔に当たらないように注意しながら乾かします。

その後、もう一度顔のマッサージを行い、ジャンクフードなどの夜食は絶対にやめます。

どうしてもなにかが食べたい時はハーブティーを飲むようにしています。

朝起きたら、化粧水と乳液を塗ってからメイクをするようにしています。

メイクもファンデーションはNOVを使用しています。そうすることで肌への負担が最小限に収まります。
続きはこちら⇒sonokoホワイト口コミと効果

私が日頃のスキンケアで一番気を付けていること…それは保湿です。

肌に充分な水分を与えることで、肌のバリア機能が保たれ、乾燥や紫外線から肌を守ってくれるそうです。

ですので朝も夜も化粧水はたっぷりと。その上にクリームをつけます。

保湿力の高い化粧水、口コミサイトでもいろいろと見かけますが、あまり高いものは使いません。

高いものを使うとついケチケチしながら使ってしまうので、それでは高いものを買っても意味がないと思うからです。

もちろん高いものをたっぷりと使えるのが一番いいのかもしれませんが、なかなかそうは行きませんので。

値段は安くても保湿力の高い化粧水を選び、たっぷりと使う、それが大切です。

もちろんその前に、クレンジングと洗顔で充分メイクと昼間の汚れを落とすことも忘れません。

そしてたっぷりの化粧水。

また、そうやってたっぷりの化粧水で保湿しても、気候によってはすぐに肌は乾燥してきます。

そんなときのために、スプレー式の化粧水を手元に置き、ちょっと乾燥してきたなと思ったら、シュッシュッと顔に一拭き。

これはとても気持ちがいい上に、肌の乾燥を防いでくれます。

充分水分を与えている肌は、日焼けしてもシミにならないとも聞いたことがあります。

ですので、安くてもいいから化粧水で日々十分な保湿を。

これが私の心がけているスキンケアです。

おすすめ⇒シミトリーの口コミと効果|30代ママが実際に買って試した体験記